大会第1日目 7月14日(日)


第1会場(盛岡市民文化ホール 大ホール)

8:50〜9:00 開会式


9:00〜9:20 会頭講演

「病児保育室キッズケアルーム風船を始めて17年」

座長:西岡 敦子(医療法人社団仁泉会西岡医院病児保育室レインボーキッズ)

演者:山口 淑子(医療法人山口クリニック 病児保育室キッズケアルーム風船)


9:20〜9:50 協議会会長講演

「病児保育はどこに向かうのか」

座長:三浦 義孝(一般社団法人日本保育保健協議会 会長、みうら小児科)

演者:大川 洋二(一般社団法人全国病児保育協議会 会長/
          大川こども&内科クリニック うさぎのママ)


10:00〜10:40 会頭招請特別講演

「心臓病をもって保育園に通う」

座長:山口 淑子(医療法人山口クリニック 病児保育室キッズケアルーム風船)

演者:小山耕太郎(岩手医科大学医学部小児科学講座 教授)


11:30〜12:00 基調講演

「保育分野の現状と取組について〜病児保育を中心に〜」

座長:滝沢鷹太郎(滝沢小児科内科医院 病児保育室ひまわり)

演者:濵谷 浩樹(厚生労働省子ども家庭局)


12:00〜12:30 サロンコンサート(中継会場)


13:00〜13:40 教育講演1

「保育管理下の傷害予防
―変えられるものを見つけ、変えられるものを変える―」

座長:荒井 宏治(あらいこどもクリニック 病児保育室きりん)

演者:山中 龍宏(緑園こどもクリニック/産業技術総合研究所人工知能研究センター
         NPO法人 Safe Kids Japan)


14:10〜14:50 教育講演2

「こどもの皮膚病とスキンケア」

座長:西島 浅香(西島こどもクリニック 院長)
演者:天野 博雄(岩手医科大学医学部皮膚科学講座 教授)


15:00〜17:00 シンポジウム1

「様変わりする子育て環境」

座長:田中 佳博(さわうち協立診療所 病児保育所キッズルームにしわが)
   小野寺けい子(川久保病院 病児保育室虹っ子ケアルーム)


会頭要望演題

「抱っこの魅力と子育ての応援」
~子育て環境が様変わりしても、抱っこは「心の基地」です~

三浦 義孝(一般社団法人日本保育保健協議会 会長、みうら小児科)


「こども食堂からできる
~誰もが安心して暮らせる地域や未来づくりの実現~」

シンポジスト:山屋 理恵(NPO法人インクルいわて)


「子どもの貧困と子ども家庭福祉」

シンポジスト:櫻  幸恵(岩手県立大学社会福祉学部社会福祉学科 准教授)


第2会場(盛岡市民文化ホール 小ホール)

10:00〜10:40 教育講演3

「職場で必要な予防接種と検査」

座長:小野寺けい子(川久保病院 病児保育室虹っ子ケアルーム)
演者:宮津 光伸(名鉄病院 予防接種センター センター長)


10:50〜11:10 教育講演4

「発達障害と保育」

座長:伊東 宗行(社会福祉法人新生会 みちのく療育園)
演者:嶋野 重行(盛岡大学短期大学部 幼児教育科 教授)


12:00〜12:30 サロンコンサート(新日本フィルハーモニー弦楽四重奏)

【メンバー】Violin. 吉鷹梨佐、甲斐涼太郎  Viola. 吉鶴洋一 Chello. Samuel Ericsson

【演奏曲目】ヴィヴァルディ作曲 四季より「春」
       モーツァルト作曲 アイネクライネナハトムジーク ほか


13:00〜15:00 感染症対策委員会主催セミナー

座長:佐藤  勇(感染症対策委員会 委員長、
         よいこの小児科さとう 病児保育室よいこのもり)


「富山市における保育園での乳幼児かぜ症候群の実態と
体調不良児対応型病児・病後児あずかり事業の現状について」

演者:八木 信一(富山県小児科医会・八木小児科)


「何も症状が無いのにウイルスがみつかる?
-不顕性感染とその対策を考える-」

演者:相澤 悠太(新潟大学医歯学総合病院 小児科)


「感染症ガイドライン アンケート結果報告」

演者:佐藤  勇(病児保育室よいこのもり)


15:20〜17:20 安全対策委員会主催セミナー

座長:米倉 順孝(安全対策委員会 委員長、
         大名よねくら小児科クリニック/ベビートットセンター)


「重大事故発生時の対応や心構え、組織としての準備、
事故発生時発生後の保護者への説明時の注意点、保護者心理」

演者:寺町 東子(一般社団法人 子ども安全計画研究所)


「保育施設における危機対応と事故予防
~実践し続けることが保育の質の向上へつながる~」

演者:吉岡 敦志(社会福祉法人八越会 ちどり保育園)


第3会場(マリオス18F 180-181会議室)

10:00〜11:30 特別講演1

「絵本は最高のコミュニケーションツール〜絵本はこころの架け橋〜」

座長:金濱 順子(杜のこどもクリニック 病児保育室ままぽけっと)
演者:岡田 達信(絵本セラピスト協会)


13:00〜15:00 ワークショップ1

「絵本deコミュニケーション~絵本セラピー体験」

講師:岡田 達信(絵本セラピスト協会)


15:20〜17:20 ワークショップ2

「あったか言葉の実践〜心のぽけっとに「ほめ言葉」を〜」

講師:大村 洋子(すまいるコミュニケーション)


第4会場(マリオス18F 183-186会議室)

10:00〜12:00 ワークショップ3

「病児保育室における看護と保育の連携」(グループワーク)

ファシリテーター:赤平 幸子(城東こどもクリニック 病児保育室ことりの森)
         澤口由加里(明星こども園プーさんルーム)


13:00〜13:40 教育講演5

「子どもたちの歯と口のこと」

座長:深沢 範子(宮守歯科診療所)
演者:森川 和政(岩手医科大学歯学部 口腔保健育成学講座
         小児歯科学・障害者歯科学分野 教授)


13:50〜14:30 教育講演6

「乳幼児の下痢と便秘について」

座長:村上 真子(村上こども医院 病児保育室きしゃぽっぽ)
演者:米沢 俊一(社会福祉法人岩手愛児会
         子どもは未来もりおかこどもクリニック 院長)


15:20〜17:20 保育園型委員会主催セミナー

「病後児保育のこれから」

座長:本田 直子(保育園型委員会 委員長、
         ゆうゆうくじら保育園 病後児保育室くじらのおうち)


実践発表①
「ひなたぼっこ病児・病後児保育室のこれまでとこれから」

演者:常丸 香織(北海道帯広市 病児・病後児保育室ひなたぼっこ)


実践発表②
「開設2年目の病後児保育室の登録者と利用者を増やす試みと
 今後の課題について」

演者:初貝 美佐(宮城県石巻市 乳幼児保育園ミルク 病後児室ミルク〔看護師〕


第5会場(マリオス18F 188会議室)

10:00〜10:40 教育講演7

「食物アレルギーについて」

座長:安齋由紀子(小児科・内科 あんざいクリニック 病児保育室りんごっこ)
演者:佐々木美香(独立行政法人国立病院機構 盛岡医療センター副院長 小児科)


10:50〜11:30 教育講演8

「『こどもの虐待』―児童養護施設の現場から―」

座長:佐々木美香(独立行政法人国立病院機構 盛岡医療センター)
演者:赤坂美代子(社会福祉法人岩手愛児会 みちのく・みどり学園 副園長)


12:00〜13:00 代議員総会


14:10〜15:10 施設長会議


15:20〜16:20 教育講演9

「乳幼児期の食生活の大切なこと。
 人生100年生きる子どもたちに心身共に健康な世代を残してあげよう。
 保育、知育、徳育の基盤に食育がある」

座長:伊東 碩子(元 岩手県栄養士会 会長)
演者:下田田美子(岩手食生活研究会)


第6会場(いわて県民情報交流センターアイーナ 6F世代間交流室)

9:50〜10:50 研修委員会主催セミナー

基礎研修(保育)
「保育の基本を学ぶ」

座長:宮本 知子(山梨県病児保育室ドリーム)
演者:稲葉  穂(キッズタウンむかいはら保育園)


11:00〜12:00 研修委員会主催セミナー

基礎研修(看護)
「病児保育における基礎看護」

座長:原  文子(ひよこ保育園 病後児保育室ひよこのいえ)
演者:今井 七重(中部学院大学 看護リハビリテーション学部 看護学科)


13:00〜14:00 研修委員会主催セミナー

基礎研修(保育看護)
「フィードバックから得る共感で保育看護を学ぶ」

座長:今井 七重(中部学院大学 看護リハビリテーション学部 看護学科)
演者:原  文子(ひよこ保育園 病後児保育室ひよこのいえ)


14:10〜15:10 研修委員会主催セミナー

基礎研修(小児医学)

「基礎小児医学」

座長:帆足 暁子(ほあしこどもクリニック)
演者:横井  透(横井小児科内科医院 病児保育室こりすの里)


15:20〜16:20 研修委員会主催セミナー

ステップアップ研修

「病(後)児保育室における乳児保育の技術の向上
―子どもの満足を願って―」

座長:藤巻 元美(ナオミ保育園 病後児保育室バンビ)
演者:正岡里鶴子(東京都世田谷区保育運営支援専門員 
          社会福祉法人至誠学舎立川 成育しせい保育園 
        (併設「病児保育室かんがるーむ」) 前園長)


16:30〜17:00 病児保育専門士資格更新説明会


ポスター会場(盛岡市民文化ホール 4F展示ホール)

13:00〜14:00、14:00〜15:00 実践セミナー

「小児と乳児の救急」

講義・実技 40分間、質疑応答10分(各回定員30名)


■大会第2日目 7月15日(月・祝)


第1会場(盛岡市民文化ホール 大ホール)

9:00〜9:20 資格認証式


9:40〜11:10 特別講演2

「改めて愛着を考えてみましょう」

座長:松原  徹(城東こどもクリニック ことりの森)
演者:鈴木 廣子(すずきひろこ心理療法研究室)


11:20〜12:00 教育講演10

「どうします、子どもの頻尿と昼のお漏らし?
 〜小児排尿障害の専門家が考える対処法〜」

座長:小林 有一(小林小児科クリニック)
演者:池田 裕一(昭和大学医学部 小児科学講座)


12:00〜閉会式


第2会場(盛岡市民文化ホール 小ホール)

9:30〜11:30 倫理委員会主催セミナー

「学会発表、論文(含:事例研究論文)作成に必要な倫理的配慮
 ―研究に必要な“倫理的配慮”について考える―」

座長:木野  稔(倫理委員会委員長、中野こども病院 アリス病児保育室)
演者:金城やす子(名古屋学芸大学 看護学部 教授)


第3会場(マリオス18F 180-181会議室)

9:30〜11:30 シンポジウム2

「災害時の病児保育」

座長:渕向  透(岩手県立大船渡病院 院長)
   今野 友貴(病児病後児保育室じょっこおながわ)


「ここに生きる」

シンポジスト:八木澤弓美子(大槌保育園 園長)


「災害時の病児保育~地域の安心基地としてできること~」

シンポジスト:門真 弘法(女川町地域医療センター
             病児病後児保育室 じょっこおながわ)


「福島県郡山市における病児病後児保育施設の取り組み〜震災後の現状〜」

シンポジスト:菊池信太郎(菊池医院 病児・病後児保育室らびっと)


第4会場(マリオス18F  183-186会議室)

9:30〜11:30 体験型ワークショップ

「明日の保育に即実践! 〜みんなで楽しく作ってみよう〜」


第5会場(マリオス18F 188会議室)

9:30〜11:30 スペシャルインタレストセッション

「病児保育専門士だから見えること~事例を通して考察しよう~」

リーダー:永野 和子(みるく病児保育センター 病児保育専門士資格認定委員長)
サブリーダー:木下 博子(大分こども病院 病児保育専門士資格認定委員会)
       堀込 聖子(アリス病児保育室 病児保育専門士資格認定委員会)
※病児保育専門士の資格を有する方のみ


第7会場(いわて県民情報交流センターアイーナ 6F調理実習室)

9:30〜12:00 ワークショップ4

「ストレス時代の最大の子どもへのプレゼントは、
 おいしくたのしい食事です。」

講師:下田田美子(岩手食生活研究会)


ポスター会場(盛岡市民文化ホール 4F展示ホール)

9:00〜10:00 連携(地域社会との連携)

座長:福盛田 修(ふくもりたこどもクリニック)


A-1

「横手市の小児人口の推移と病児保育の利用者数
 ~子どもを取り巻く環境から見えてくるもの~」

長谷山恵里(伊藤小児科・内科医院 病児保育園 おひさま)


A-2

「市町村の病児対応型保育の定員と一般保育所在所数、
 小児科医師数、財政指標との関連」

江原  朗(広島国際大学 医療経営学部)


A-3

「広域利用を見据えた医師連絡票の標準化検討
 〜東京都区部(23区)調査〜」

園田 美奈(大分大学医学部医学科)


A-4

「小児科診療所における病児保育士の役割
 ~寺子屋活動を通じた地域への子育て啓発活動~」

田中 雄人(医療法人仁寿会菊池医院 病児病後児保育室らびっと)


A-5

「〜2019年、病児保育所「キッズルームにしわが」の今〜
「顔」が見える地域交流」

田中 佳博(病児保育所キッズルームにしわが)


10:00〜11:00 連携(地域の保育園との連携)

座長:福盛田 修(ふくもりたこどもクリニック)


A-6

「当施設における地域の保育園への広報活動と
 行政の助力についての課題」

伊藤 葉子(六郷こどもクリニック ろくごう病児保育室)


A-7

「とう太の巡回支援
 ~保育士による訪問指導が子どもの健康を支える~」

古澤  瞳(うえだこどもクリニック・病児保育室とう太)


A-8

「とう太の巡回支援~看護師による園職員への支援活動~」

北島  萌(うえだこどもクリニック・病児保育室とう太)


A-9

「市内の認可保育園から見た病児・病後児保育①
 ~18年前と現在、必要な施設からつながりのある施設へ~」

澤口由加里(明星こども園プーさんルーム)


A-10

「市内の認可保育園から見た病児・病後児保育②
 ~これからは連携のある施設へ」

澤口由加里(明星こども園プーさんルーム)


A-11

「保育園との連携を深める~地域の保育園と交流会を開催して~」

植田 美穂(社会医療法人真美会中野こども病院 アリス病児保育室)


9:00〜10:00 保護者支援(保護者のニーズ)

座長:武藤 秀和(紫波中央病児保育室)


B-1

「共働き時代の保護者が『病児保育に求めるもの』」

在本 祐子(上大岡こどもクリニック 病児保育室べアルーム)


B-2

「『お迎え型病児保育』においての病児保育施設の役割と親子支援」

杉本 淳子(髙重記念クリニック 病児・病後児保育室 ラグーン)


B-3

「アンケートからわかる病後児保育室へのニーズ
 ~利用者の声を活かす取り組みと課題」

安田 有希(砂原保育園 病後児保育室とまと)


B-4

「病児保育連続利用から見える現状と課題について」

中山 温花(中野こども病院)


B-5

「病児保育潜在ニーズの感度分析」

園田 正樹(東京大学大学院 医学系研究科 生殖・発達・加齢医学専攻)


10:00〜11:00 保護者支援(保護者へのアドバイス)

座長:武藤 秀和(紫波中央病児保育室)


B-6

「病児保育室に出来る保護者支援〜開設13年間を振り返って〜」

小倉 秀美(嶋田医院 子どもデイケア暖家)


B-7

「保護者の家庭看護の知識が向上するための工夫」

安部 紀子(西の台こどもデイケアルーム)


B-8

「育児に悩む母親支援~母子同室保育の試み~」

小林 芳恵(OCFC病児保育室 うさぎのママ)


B-9

「小児科診療所における病児保育士の役割
 ~生活習慣の行動変容を促す元気アップレンジャーショーの実践~」

菅家 理恵(医療法人仁寿会菊池医院 病児病後児保育室らびっと)


9:00〜10:00 運営(1)

座長:関上  勇(関上こどもクリニック)


C-1

「北東北の過疎地における病児保育の現状」

鹿糠 稲子(病児保育室そらまめ)


C-2

「医療法人順風会天山病院小児科における病児・病後児保育事業の
 7年間の歩みと今後の展望」

小野山啓子(医療法人順風会 天山病院 小児科)


C-3

「1997年4月~ 2018年3月までの
 病児看護センターベアーズデイサービス利用者実績の検討」

谷本 弘子(病児看護センターベアーズデイサービス)


C-4

「お断りゼロを目指しての取り組み 第一歩」

野口 美緒(へいわこどもクリニック)


C-5

「病児保育施設利用に関する保護者アンケート調査」

森  浩輝(東京女子医科大学 循環器小児・成人先天性心疾患科
      大学院医学系研究科 先端工学外科専攻)


C-6

「災害から子ども達の命を守る為に
 ~防災マニュアルの見直しの取り組みについて~」

本田奈津江(病児保育エミー)


10:00〜11:00 運営(2)

座長:関上  勇(関上こどもクリニック)


C-7

「病児保育利用後の保護者を対象とした
 アンケート調査からみえてきた病児保育運営の今後の課題」

吉見 綾乃(あおぞら小児科 病児保育あまやどり)


C-8

「施設型病児保育・病後児保育の事前登録に関する多様性の検討」

森  浩輝(東京女子医科大学 循環器小児・成人先天性心疾患科
       大学院医学系研究科 先端工学外科専攻)


C-9

「病児保育における看護職へのニーズに関する文献検討」

水尾智佐子(首都大学東京大学院 人間健康科学研究科
      看護科学域博士後期課程)


C-10

「当院病児保育室の職員の利用状況と全職員への意識調査」

宮崎あゆみ(JCHO高岡ふしき病院 病児保育室おひさま)


C-11

「病児病後児保育室における小学生の利用について」

近藤奈津美(医療法人仁寿会菊池医院 病児病後児保育室らびっと)


C-12

「究極の子育て支援である病児保育を目指して」

野原 水緒(株式会社マザープラネット キッズケアブルーム)


9:00〜10:00 保育看護の質の向上(1)

座長:本多  聡(誠心堂医院 小児科)


D-1

「病児保育における専門性の高い保育看護を目指して
 ―裏づけられた暖かい病児へのケア―」

小山 知美(六郷こどもクリニック ろくごう病児保育室)


D-2

「病児保育室における年少児への動の遊び
 ~子どもが一段階上の事に挑み、探究意欲や好奇心を満たす環境作り~」

下司 真実(病児保育室 ハグルーム)


D-3

「制作遊びを取り入れたことで変わる子どもの気持ち」

佐藤さおり(たけなかこどもクリニック 病児保育室ちゅーりっぷ)


D-4

「病児保育室における『おんぶ』の実態と今後の課題」

河合 雅子(病児・病後児保育室 ニコのおうち)


D-5

「病児保育の愛着形成に及ぼす影響 ―保護者の観点から―(第2報)」

赤川 有紀(OCFC病児保育室 うさぎのママ)


10:00〜11:00 保育看護の質の向上(2)

座長:本多  聡(誠心堂医院 小児科)


D-6

「県北地域病児保育施設の合同研修会開催に向けての意識調査
~アンケート調査から見えてきた課題~」

藤田貴美子(JCHO秋田病院 病児保育室はっぴぃ)


D-7

「保育士が行う外来診察補助業務について」

片山 祐子(医療法人育慈会ならざき小児科 病児保育室ぞうさんの家)


D-8

「病児・病後児保育室における医療的ケアについての検討」

中澤 大輔(ニコのおうち)


D-9

「インフルエンザ受け入れ規定に関する検討」

江頭 則子(練馬区医師会 病児保育センターぱるむ光が丘)


D-10

「RSウィルス感染症における保育看護の実践」

堀  友美(西の台こどもデイケアルーム)